セロトニンドラムサークルとは?

呼吸法、パーカッション演奏、ディジュリドゥ演奏などにより、心身を整える脳内物質「セロトニン」を増やして自律神経を整え、薬、医療などに依存し過ぎない、自力で楽しく生きれる適度に強い心と体を作るワークショップです。

 

セロトニンとは?

オーケストラで例えるならば指揮者の役目をしている脳内物質です。

脳には・思考系・感情系・伝達系・理解系・運動系・聴覚系・視覚系・記憶系などのグループがあります。

これらをオーケストラの演奏者と例えるならばセロトニンは指揮者であり、どんなにいい演奏者が居てもセロトニンが指揮をしないと、演奏が始まらないということです。

ちなみにですが、抗うつ剤はセロトニンが擬似的に増えたような状態にする薬、ということはセロトニンが減るとうつ病などの精神疾患になってしまうということです。

このセロトニンを薬ではなく自分の力で増やしてより元氣になろう!!というのが、セロトニンドラムサークルの目的です。

 

セロトニンの主な働き

1.目覚めを良くする

セロトニンが活性化していると、朝の目覚めが良くなります。

またセロトニンは睡眠を促す「メラトニン」の元でもあるため、寝つきも良くなります。

またメラトニンは、老化を進行させる活性酸素を除去する働きもあるため、老化防止ともなります。

よってセロトニンが活性化していれば、目覚めも寝つきも良く、老けにくい。

反対に減少すると、目覚めも寝つきも悪く、老けやすい。

ということになります。

 

2.自律神経を整える

自律神経とは、体を活動的にする「交感神経」と、体をリラックスさせ回復させる「副交感神経」とで成り立っており・心拍・呼吸・血圧・体温調整・消化吸収・発汗など、無意識に体を調整している生命維持装置とも言える機能です。

セロトニンはこの交感神経と副交感神経のバランスを整えています。

よってセロトニンが活性化していれば、自律神経が正常に働き、心身が調子良い。

反対に減少すると、自律神経が乱れ、様々な漠然とした不調が表れる。

また医師に相談しても、症状が漠然としているため「とりあえず体を休めて下さい」と言われるだけ、というケースが多いそうです。

 

3.心の調整

人間はストレスに対して頑張ろうとする時「ストレスホルモン」が分泌され、ストレスに対応できるわけですが、このストレスホルモンが過剰に分泌されてしまうと、イライラ、パニック障害、うつ病などの精神疾患になってしまいます。

また、やる気ホルモンであるドーパミンですが、これも大切なホルモンではあるものの、過剰に分泌されると依存症になってしまいます。

セロトニンは、このストレスホルモンやドーパミンの過剰な分泌を防いでいます。

よってセロトニンが活性化していれば、心が安定している。

反対に減少すると、イライラ、パニック、不安、依存、うつ、など心が不安定になる。

ということになります。

 

4.姿勢筋の維持

セロトニンは重力に対抗する、抗重力筋を活性化させています。

よってセロトニンが活性化していると、体がシャキッとしている。

反対に減少すると、筋肉が重力に負け、体つきも表情もトロンとする。

ということになります。

 

5.痛みの調整

セロトニンは脳内の痛みに関わる領域も調整しています。

よってセロトニンが活性化していると、無駄な痛みがない。

反対に減少すると、原因もないのに痛い、ということが生ずることもある。

腰痛の原因の一つに「セロトニン欠乏症」もあり、整形外科などでレントゲンにて原因がない場合、セロトニンを擬似的に増やす、抗うつ剤が処方されるケースもあるそうです。

 

セロトニンを増やす方法

この大切なセロトニンを増やす方法が実に簡単なんです!!

  • 1日30分程度の日光浴
  • 集中したリズム運動
  • 肌感覚のスキンシップ

もしくは、抗うつ剤ということになります。

安易に薬で増やしてしまうと、ただでさえセロトニンを多く作れない脳が「セロトニンが足りている」と勘違いし、余計に作らなくなってしまう…

そうなると、薬に依存するしかなくなる?などの説もあるようです。

これを自分で増やそう!というのが、先にも述べましたセロトニンドラムサークルの目的であり、その様々な方法をレクチャーしているわけです。

 

具体的な方法

セロトニン セロトニン

セロトニンドラムサークルで行っている、セロトニンを増やす主なレクチャーが、

  • いつでもどこでも出来る呼吸法
  • ドラムサークル(輪になってのパーカッション演奏)
  • ディジュリドゥ演奏(呼吸だけで演奏する簡単な楽器)

セロトニン活性をしながら、楽器も覚えられるということです!!

また時に

セロトニン

  • ドラム演奏
  • 体幹トレーニング
  • 心身をリラックスする練習
  • 脳トレ的パーカッション
  • 氣について実験
  • マインドフルネス

などなど、心身に良さそうな事で、僕自身が試しまして効果を感じられた事もレクチャーしております。

セロトニン活性脳に変えるには3ヶ月続ける

また、このセロトニンは一旦増えても溜めておくことが出来ない性質ため、セロトニンが分泌されやすい脳に変える必要があり、約3ヶ月セロトニン活性を心がけると、セロトニンが分泌されやすい脳に変化すると言われています。

僕の持論ですが、3ヶ月間意図的にセロトニン活性を心がけるうちに、その行動が良きクセになるのでは?とも思っています。

僕はもはや、歩きながら氣がつくとリズム呼吸法を行っています(笑)

こんな方へ

  • 心身を元気に健康にしたい
  • パーカッションを叩いてみたい
  • ディジュリドゥを吹いてみたい
  • 呼吸法に興味がある
  • 瞑想・マインドフルネスの興味がある
  • 脳内のモヤモヤとしたストレスを消したい
  • 漠然とした心身の不調を解消したい
  • 薬ではなく自分の力で健康になる方法を知りたい
  • ダイエットについて興味がある
  • 心身の緊張をとりたい
  • 楽しそうな集まりに参加したい
  • すぐにできる趣味が欲しい

 

セロトニン研究第一人者である有田秀穂さんの言葉

東邦大学医学部にて脳神経系・前頭前野の基礎研究に従事、セロトニンとオキシトシン研究の第一人者である有田秀穂さんによると、ストレスなどにより鬱病などの精神疾患になってしまう人は2000年以降急激に増えており、

その原因とは、パソコンと携帯電話の本格的普及により、心と体のバランスを整えている脳内物質「セロトニン」の分泌量が減ったためと考えられているそうです。

何故ならば、セロトニンとは、太陽の光、リズムを感じた運動、肌感覚のスキンシップやコミュニケーションで分泌されるのですが、パソコンの普及により、昼夜逆転生活、運動しない、SNSだけで実際に人とあまり会わない人々が増えたからではないかと考えられているそうです。

実際に鬱病の特効薬として疑似的にセロトニン濃度を上げる「SSRI」という抗うつ薬があります。

 

 

ディジュリドゥにて驚異的なセロトニン数値を測定

有田秀穂さんが主催する「セロトニンDojo」にて「ディジュリドゥ」を吹きながら、このセロトニンの分泌量を計る脳波測定をしたところ、セロトニンDojoにおける桁違いの史上最高値1600を測定しました!!(※呼吸法、瞑想法の達人で400程度とのこと)

16-06-13-17-57-54-599_deco 

16-06-13-17-59-06-364_deco

 

驚異的なα波を測定

また順天堂大学の小林弘幸さんの本によると、人は年齢を重ねるごとに、緊張やストレスで働く「交感神経」は衰えないにも関わらず、リラックス状態で働く心身の修復を担う「副交感神経」は衰えてしまうことがわかり「副交感神経」を働かせることこそが健康法と書かれています。

そしてディジュリドゥとドラムサークルでは「副交感神経」が働いている時に数値が上がる「α波」も、セロトニンDojoにおける桁違いの史上最高値2000を測定しました。

16-06-13-17-57-16-779_deco

 

セロトニンドラムサークルの効果

以上のことによりセロトニンドラムサークルによる様々な効果が期待されると言ってもいいかと思います。

また時には屋外で行うため日光浴により、時には打ち上げをするためコミュニケーションにより、セロトニンを増やします。

更には参加者の中には体のプロの方も多いため、参加者同士での情報交換にて更に体のことについての得する知識が増やせる事もあります。

例えこれらの効果を全て度外視したとしても、パーカッションとディジュリドゥの演奏をすることができ、趣味が増え、楽しい集まりです。

約3時間にて3,000円という、数あるワークショップの中でもかなり安価であります。

是非ともです。

 

自分を変えれば世界が変わる

居酒屋1回分のお金にて、もしかしたら一生使える「呼吸法」を知り、人生が変わるかもしれません。

僕は、セロトニンの効果、呼吸の大切さを知り、 また新たなディジュリドゥと合氣道という趣味に出会い、人生が驚く程に変わりました!!

日々呼吸に集中する習慣が増すようになり、今この時に集中できるようになりました。

以前は、常に先のことを考え、まだ起こってもいない未来に怯えたり、時には変わらぬ過去を悔やみ、身近な他人と自分を比べることもしばしば・・・

こうなると「身体はここにあれど心ここにあらず」人は何かをしながら、脳では全く別の事を考えられてしまう、すると目の前の食事が美味しいことに気づかないことすらあり、感謝の気持ちも忘れ、今を生きていない。

脳が目の前の幸せに気づかずに過去や未来や人の人生の中に居るなんて、なんて勿体ない人生なのか?

そこに気づけたのです。

セロトニンドラムサークルの最大の目的とは、脳が今に集中しなくてはできない、ちょっと難しい呼吸法やパーカッションやディジュリドゥを行うことにより、脳が「今を生きる習慣」をつけることなのです。

また、雑念が沸きがちだったり、面倒だと感じる日々の仕事や家事などの慣れた動作に、セロトニンドラムサークルでレクチャーしている呼吸法や心身のリラックスの練習を取り入れると、何もかもが練習となり今に集中するため、雑念や面倒だと思う気持ちが減り「今を生きる習慣」がつくという素晴らしい効果もあります。

これまで本当に様々なポジションの人々と出会って来ました、地位や名誉のある人々、お金持ち、我が道を突き進む達人、津波で家を失った人々、職人などなど、また自分自身も様々な経験をして来ました。

49歳にてまだまだ未熟な私が言うのも偉そうではありますが、これまで生きてきて、つくづく思うことがあります。

それは、心がココにあらず、過去や未来を彷徨い、他人と比べているうちは、どんなにお金があろうが、どんなに地位や名誉があろうが、どんなに高価なモノで身を固めようが「幸せ」はやって来ないということです。

そして、今この瞬間を一工夫すれば、実は楽しいことだらけなのです。

世界を変える前に自分を変えてみる、そうすれば世界の見え方も変わってくる、気付けば世界が変わっている。

全ては自分次第。

共に「今を生きる習慣」をつけて楽しく思いっきり生きましょう!!!

お待ちしております!!